夏の終わりに

2019年8月26日 晴れ 17/27℃

prepare, you sweet flower, for winter advances,

汝うるわしき花よ、近づく冬に備えよ、

という歌がある。邦題はたしか「夏の終わりに」だったか。秋をすっ飛ばして夏からひと息に冬になってしまうようなイメージに軽い違和感を持っていたのは昔の話。短くも耐え難い暑さはお盆が過ぎると祖霊(信じてないけど)とともに黄泉に去り、8月も後半になれば冬支度の段取りを考え始める(毎年上手くいかないけど)当地では、夏と冬は隣り合い、その間に秋の気分が軽く漂う(漂わない年もある!)。夏の花は季節の移ろいに色あせてゆくのではなく、冬の寒さで枯れるのだ。おお高冷地!

よく晴れた一日。青空の下で仕事をしても汗まみれにならない。おお信州!

夏野菜はかつての勢いをひそめ。間に合わせで作ったキュウリ棚が種採り果の重みで倒伏。間に合ってなかったらしい。トマトがやっと色付いて食卓に上がる。

昨年不振のカボチャが元気だ。キュウリもそうだが、ウリ科の蔓はだいたい進んでもらいたくない方向に伸びる。放任しているが、ほかの作物や通路の邪魔になる蔓は切らざるを得ない。そういうところには必ず実が着いていて、はさみを持つ手の動きが鈍る。時に長考に及んで他の作業にしわ寄せがいく。長考に及べば大体、関係のないことに妄想は移る。NO業生活至福のひと時。

田。以下画像は全て23日。

黒糯がずいぶん遅れたけど全面、穂が出揃った。養分のバラつきなのか、背の高さが波打っている。

豆畑。

手前はナス。木は育たなかったが、着果はまずまず。晩生の丸ナスがこれから頑張ってくれるのか。頭でっかちのひまわりが今日は豆の上、ペポカボチャの上に倒れ込んでいた。ここでもカボチャの蔓は予定の中央方向へは伸びず、真ん中が無駄に空いている。

守田。

ささげやキドニーをツイツイ収穫。地道にコツコツ。脱穀、選別も手作業。この労力を考えると、豆の値段はすごく安い。効率よくドバーッとやろうとすれば、環境負荷もドバーッと増える。もっと楽して増収、という甘いささやきを、額の汗と一緒に拭い捨てる。捨てたものを未練がましく横目で見ながら。

ともあれ、夏は乗り切った。秋風をうれしく感じながらも、冬野菜の種播き、どころか畑の準備も終わってないことに少し焦る。prepare、俺。