生産者見習い中

10月4日 曇り 朝晩寒い

朝からまんだらの庄向けの出荷準備。ダンボール1箱分の収穫、選別に2時間近くかかる。うまい段取りをつかまないと農作業が嫌いになってしまう。お盆過ぎにでき始めた夏野菜もそろそろお終い。まだ青くて大きいトマトがいっぱい生っているのだが、熟すかどうか、厳しいところだ。

途中でたきちゃんをピックアップ、原木ヒラタケを見に行くと、手のひら大に育ってしまったキノコがわんさか生えていた。月曜日はまだマッチの頭くらいの大きさ、雨も降らなかったので高をくくっていたのだが大失敗だ。
とりあえずまんだらの庄に持っていくと、たきちゃんの知り合いの生産者が、直売所はこれで大丈夫、と言ってくれる。張り切って40パック(!)程詰めて持っていくと、まんだらのお姉さんもびっくりしたようで、しかし、もっと早い時間に持ってこなくちゃだめよと指導を受ける。今日出せない分は明日早朝に再出荷予定。やはり段取り改善が喫緊の課題。

栗もまだあり、柿がそろそろ旬を迎える。ずらし播きした漬け菜のずらし間引きも毎日、今度の日曜日はいよいよ稲刈り。

収穫の秋真っ只中、無事に乗り切れますように。