今はもう秋

2018年9月11日(火)

記録的記録的と、記録的に連呼された今年の暑さも、この辺りの言い慣わしどおり、お盆を過ぎたら急に朝晩涼しくなった。暑かった記憶がもう、ぼんやりとしてよく思い出せない。

春夏のNO作業についての覚え書き。

まず、冬のあいだに畑を片付けておかなかったので、春播きの畑の準備が間に合わなくてキャベツをあきらめ、レタスもうんと遅れた。そもそも冬は雪や凍土で畑の土に手が入らないから、春の下準備は晩秋に済ませておけ!

踏み込み温床の失敗。今年は藁束で側壁を作った。材料を強く踏み込むと壁が壊れるから手加減し過ぎたのだろう、発酵に必要な酸欠状態にならず、温度が上がらなかった。発酵に酸欠というのはパン酵母からの連想で、温床の場合もそうなのかは知らないが。

従って、早春の育苗、殊にナス科が大失敗。128ポット播いて、鉢上げは2株。その2株も育たなかった。鉢上げした後は気温もあったから、種の問題も大きかったかもしれない。

従って、ナス科の野菜(トマト、ナス、ピーマン)は市販の苗を買った。これが割りとうまく育ったので、自家用はなんとか間に合っている。買った苗の野菜は直売所に出すわけにいかないので、今のところ、収入ゼロ。

手無しの豆は土寄せが肝心。支柱で支えてもいいが、株数が多くなると文字通り手がまわらない。密植にした時の収量がいいか悪いかは判らないが、作業はしづらい。手が入らなくて草取りが面倒。

キュウリはまあまあ。毎年思う事、支柱は先に立てておけ!いんげんにも言える事、成長に合わせて支柱を足してゆくインプロ栽培は面白いけどとても手間が掛かる。

レタスは半日蔭。今年の日差しの強さは特殊事情だと思いたい。

春播きビートはさんざん虫にやられた。主にウリハムシとヨトウムシ。カモフラージュで、はね出しのアブラナ科の種を周りにどっさり播いてみたら、菜っ葉がどっさりできて、数回摘んで食べたけど、殆ど虫に食われた。

日照りのせいか、枝豆は殆ど分蘖なしのすっきりした姿。水を遣っちゃいかんというが、我慢にも限度がある。

人参播種、7月上旬。直後に梅雨明け、記録的な日照りに突入。発芽にも成長にも苦しんで、全体の二割も残っていない。

夏に発表された長期予報では、厳しい暑さが例年よりも長く続く筈だった。けれど、朝、ヤギの乳搾りをしながら見上げる空には鰯雲。のんびり構えていた秋播きに追われる日々。冬のヤギ小屋の準備もまだ。稲刈りに向けて田んぼ仕事も待ったなし。放牧地の自生マッシュルームをみれば山のキノコが気にかかり。きっと忘れている大事な仕事が他にもどっさりあることだろう。高地の秋は短い。

今夜ももう寒い。

殺すな

2018年7月7日(土) 17/23℃

降り止まぬ雨。長時間の仕事ができないから体は楽だ。楽なはずなのにだるさがまとわりつく。

麻原彰晃は実に多くの人々の贖罪の生贄或いは目眩ましとして殺された。罪の隠匿。もちろん私に罪は無い、何故なら悪は麻原の上にあるのだから。殆ど殉死のような形で一緒に殺された6人。彼らに死をもって償わねばならない程の罪はあったのか、悪いのは麻原ただ一人だったのに、という論調。俺にはむしろ、麻原こそが凡庸な悪人に見える。たまたま、そういう立ち位置に居合わせてしまった。では実行犯たちは?サリンの袋を傘でつついて、「これをやれば大勢の人が死ぬ結果になるだろう、けれどこれをやることが私のために必要(自己実現、魂の救済?)なのだ」。では例えば原発を動かす立場の人々は?原子炉を燃料棒でつついて、「これをやれば確率は低いとはいえ大勢の人が死ぬ結果になるだろう、けれどこれをやることが俺のために必要(経済的利益?)なのだ」。

麻原の処刑に胸のつかえが取れたなどという談話を垂れ流して世論を偽装するマスコミ人たちよ、あなたたちはなぜ同じ規範で以って戦争の最高責任者だった昭和天皇の処遇を求めなかったのか。絶対者の独裁。それを必要としたのは誰だったか。指導者への熱狂。監督、司令官のいる集団競技を盛り立てて戦時の予行演習でもしてるんだろうか。ニッポン、ニッポン、ニッポンバンザイ!高校野球の優勝旗なんか、旭日旗を鳩が羽で覆い隠してるデザインだよ。

死刑に反対する日本人は多数派ではないのか?憲法改変の前に、死刑の是非を議論するべきではないのか。いや、憲法改変でもいい。現行の第一条を排して、新たな第一条で国内外を問わず国家による殺人を、国民の総意に基づいてやめさせよう。

極刑は「死」の魅力で以って新たな殺戮を駆動する。刑の執行に手を染める(実際は自分の手は汚さないんだけど)権力者がまったく尊敬されない状況においては特に。

「おまえは死刑だ」と簡単に口にする気分が蔓延しつつある。口にするだけではきっと済まない。

田植え2018

2018年6月17日(日) 気温、寒い

早朝は長袖シャツにウィンドブレイカを羽織ってもまだ寒い。ヤギにたかる蚊、ブヨの類はやや少ない。それでも搾乳中は蚊取り線香が欠かせない。吸血昆虫に対して効いているのかいないのかはよく分からない。一番ダメージを受けているのは俺だろうと思う。

今年の田植え、ここまでのメモ

taue2018_1

3/30 温湯消毒

4/18,19 籾播き。みのる式ポット。粳、あきたこまち18枚。糯、ヒメノモチ3枚、朝紫1枚。朝紫は、『現代農業』の記事に触発されて超密播き。

4/21 苗代作り。

4/22 苗箱並べ。超密播きの朝紫が異形。背景の下の畑は南部小麦。

nawasiro2018

昨年の、いつまでもこなれないゴロ土に懲りて春起こしは歩行式トラクタで2回。マツバイは代掻きで抑えるという話を聞いて、代掻きの為に中古の小型歩行式トラクタと代掻き用パーツを導入した(年々益々堕落する)。

5/31 田植え2日前に代掻き。根を張った雑草は抜けずに所々残ってしまった。高低差は5cmくらい。代掻きの翌日、田んぼの脇を通りかかったおじさんに、うまい事平らにならない、と話したら、「わたしらは代掻きしたらすぐに4メートルばかの丸太を、代掻きしたのと直角の方向に引っ張って歩くがね。角材だっていいさ。持って来てやろうか?ああ、今からやったじゃ長靴の跡が付いちまうな。なにしろ、代掻いたらすぐにやらなきゃダメなんですよ。ハッハ-。」と高笑いして去って行った。このおじさんは話の最後に必ずハッハ-と笑い、それがホッホ-のようにも聞こえるので、我が家では彼をホーホーおじさんと呼んでいる。

6/2-7 田植えは雨で1日休んで延べ5日かかった。それでも我が家の最短記録。条間32×株間22㎝。植え条の目安にと竹で定規を作ったが、軽く湾曲していて、これが株間を乱す原因となった。

農休みもなく、5日後から草取り。田押し車が20㎝巾なので、株間もギリギリ通せるだろうと思ったのだが、実際に植える時には必ずズレるので、狭い所ではなぎ倒してしまう。なぎ倒すくらいでいい、と言う人もある。俺はなぎ倒したくないので株間は手で取ることにする。端から端までやると1週間くらいかかる。1週間経つと、始めに手を付けたところにはもう草の芽がびっしり顔を出している。草取りは7月半ば頃、諦めるまで延々と続く。取り切れるという事は絶対にない。取り切れなくても、抑えられればそれでいい。これまでのところ、抑えられた例はない。

NO作業覚書

3/30

温湯消毒、60℃ 5分。調理用ストーブの大鍋で。塩水選は省略。黒糯は浮き籾が多かったので灰汁掬いで取る。試行錯誤(ほんとに錯誤したなあ)の末、あきたこまちに帰って来た。

そら豆の定植。玉葱の捨て苗をダメ元で植えておいたところ、猫のトイレになって実際にだめになった跡地に。

4/2

踏み込み温床作り始める。藁壁仕様。材料はほぼすべてヤギ小屋の敷料。

4/3

籾殻燻炭作り。風が強く、籾殻の頭から火が出たので慌てて消火したら、やや焼き足りなかった。

暖かい日が続きそうなので、今日からヤギたちには外で寝てもらう事にした。ので、パドック用ヤギの寝床作る。木の枝をザックリ組み合わせただけの簡便なもの。みんな喜んで体をこすりつけてた。明日の朝までもつか?そして週末の寒の戻り予報、、、

春の心はもえる

2018年3月26日(月) 1.7/25.6℃

春が年々短くなるような気がする。寒いさむいと思っていたらなんだか急に暑い。昼間は26℃だ。温度計の故障でなければ、この冬の最低気温は氷点下38.9℃だから、65℃の温度差があることになる。『イワン・デニーソヴィチの一日』に、ラーゲリでは氷点下40℃を下回ると屋外作業はなくなるという描写があった。それで、今年は寒さを理由に休むことが出来なかった。

素手で作業することが増えて、土をいじる指先がひび割れる。それに、やたらにトゲが刺さる。1㎜もない様なトゲも、刺さった場所によっては痛い。精密機械用のピンセットで抜いてみると、意外と柔らかかったりして、こんなものがどうして痛かったのか不思議になる。

具合が悪くてご飯をあんまり食べないぷんの為に缶詰の買い出しに行く。ついでに寄ったコメリでそら豆の苗が10ポット398円で売られていた。生き物係さんは安いと言うが、そんな筈はない、1ポット398円だ、村人は、レジで高いのに気づいてもそれじゃやめると言わないだろうから、そこに付け込んで儲けてんだよ、10ポット398円だったら腹切るよ、と言ったら、生き物係さんがレジで確認して、確かに10ポット398円だった。すかさず購入。もちろん腹なんぞ切らない。毒々しい種子消毒(おしなべて消毒というものが毒々しいのは何故だろう)が気になったが、NO場として売る分ではないから目を瞑ろう。とここには書いておこう。

乾燥した天気が続いて火がよく着く。枯野を見ると、ちょっと火をつけてみたくなる。実際につけてしまう人の気持ちが分かる。着火衝動を抑えながら、沢登秀信氏の『のやき』を口ずさむ。「燃えろ燃えろ燃えろ、燃えて、ひろがれよ」。これはたぶん、革命的民衆気分に溢れた歌だ。対する統治者から聞こえてくるのは、「もみ消せもみ消せ、、、」。

2018年3月22日(木)晴れ -2.5/5.8℃

いつの間にか春。になってしまったNO作業日誌。長くて寒い冬があった。まだ暖かいとは言えないけれど、心は武装解除。生き延びたという実感がある。

長い受忍の季節を乗り越えて、雪の下で芽生えていた緑、を待ってましたとむさぼるヤギの皆さん。

yagisanpo

ヤーは出産から13ヵ月経った今も、毎日1リットル以上のミルクをくれる。搾取してるんだけど。真冬は止めて脂肪に回してもらった方がいいかとも考えたが、毎朝パンパンに張ったおっぱいを見ると、搾ってあげなきゃかわいそうかなあ、ちょっとだけ搾ろうかなあ、けっこう出るなあ、もうちょっとだけ、ああ今日も全部搾っちゃったなあ、という感じで今日に至る。この間 ТВОРОГ (ロシアのカッテージチーズ)を作って、チーズケーキを焼いた。予想に反して全くヤギ臭くなかった。たぶん、美味しかった。

yagicheesecake

秋口からついこの間まで、3週間周期でヤーとミミが発情を迎えて、殆ど二日二晩、野生の呼び声に応えて鳴き叫ぶ様は傍で聞いていても辛かった。ハナだけはまだ一度も発情しない。

牡ヤギのギー。

gii1

ちょうど一年前辺りから、むやみにおしっこを顔や前脚にかけて喜んでいる。小屋の消毒消臭の為に草木灰を撒くので、その部分がひどく汚れて落ちない。時々、ヤギチーズを思い出させるすごい匂いがする。たまに散歩に来る御近所さんが必ず「ギーちゃんすごい匂いだねえ」と言うところから考えると、時々臭いのではなく、時々匂いを忘れているのであるらしい。忘却が無ければこの世はどれほど苦しみに満ちていることか。おお春よ。

gousetu322

と思っていたら昨日から大雪。

朝には止んでいたけれど、この季節特有の重たい雪(カミ雪、というらしい)でヤギ女用の雨避けテントがつぶれていた。もともと折り畳み式の日よけテント(の元々のシートをヤギどもが食いちぎったり脚かけて引き裂いたりしたから厚手のシートで張り直してあった)だから耐荷重性に乏しかったのだろう、支柱が曲がって再生不可能。さあ、次の大雨までに何とかしないと。

夕方から時間もないのにナメコの駒打ちを始める。でもやっぱり時間がなくてすぐ止める。原木4本でおよそ200駒。今年はナメコ500とヒラタケ1000駒。

夜、脱水気味のぷんに点滴。もうだいぶ慣れてきたのか、激しい抵抗はない。点滴をした後、何故か必ず水を飲む。

薪が少し燃えていれば、真冬のようにオーバーパンツをはいたりダウンを着込んだりする必要はない。外気との温度差が縮まったせいか、隙間風も震え上がるほどではない。やっぱり暖かくなったんだなあ。何と言っても夜、パソコンが使えるんだから。

にーにょ、もう少し頑張れば春だったのになあ。

 

ヤギに追われて

朝は氷点下2℃。指先が凍る。

6 時半過ぎ、ヤギたちを小屋から出す。本当はもう少し早く出してやれば、朝一の大量のおしっこを外でしてもらって、掃除が少し楽になるのだが、寒いのと暗くてよく見えないのとで、ついつい遅れてしまう。この頃は草も凍っているし。

先々週の水曜日、1 日に生き物係さんが手刈りで頑張って稲刈りを終わらせてくれた。それでも11月に稲刈り、、、。10日に脱穀。これはご厚意で借りっぱなしになっているハーベスタが活躍した。推定100kg。反収にすると当地平均の半分にも満たない。労働時間は10倍ではきかないだろう。何とかしなければいけない、という気持ちと、まあこんなもんか、という気持ちが半々。日本晴だからな、と言い訳をしてみるが、品種選定を誤ったことは間違いない。だが、標高900mの日本晴はそうそうお目に掛かれないだろう。ちょっとうれしい。

うれしいのは今になって感じることで、稲刈りも脱穀も、いや、今年はあらゆる仕事が時間に追われて焦りと、少なからぬ諦めのなかで流れ過ぎて行った。時間に、というよりはヤギに追われているのだ。ヤギよ!可愛さあまって憎さ百倍、という言葉を、お前たちほど思い起こさせてくれる者はいない。

だが、憎しみはとろけるように消えてなくなる。お前たちの天才的な愛される力でもって。

日本晴の稲刈り

大雨 9/11℃

一昨日から始めた「日本晴」の稲刈り。

inekari2017b

手刈りですこし刈ってみたが、山側の水がはけなくてひどくぬかるむ。台風22号は逸れる、という強い信念をもって翌日の晴天に賭け、3時過ぎに早々と切り上げる。

翌土曜、朝から曇り。午前中山側を手刈り。長靴が沈むほどではない。昼にカトーさんに電話をかけ、急遽、バインダーを借りる。ああそうかいと快く貸してくれたが、あまりといえば無計画すぎる。段取りってやつが苦手で。農業者に最も必要な資質のひとつなんだけど。

バインダー、何度かぬかるみにハマったが、気を付けながら全体の七割くらい刈った。雨で中断。台風は逸れなかったようだ。

今日は朝から結構な雨。はぜ掛けした稲束にも容赦のない雨が降り注いでいることだろう、神よ。神よ、しかしどうして俺たちはいないものに呼びかけたがるんだろう。ヤギたちも放牧場のテントの下でじっと耐える。ヤギよ。ヤギ小屋の床も乾かない。

冬が来る。

 

 

稲刈りとスガレ

晴れ 14/29℃

何処にだかは判らないが祈りが通じたのか、嘘のような暖かさ。暑いと言ってもいい。空気は乾いて、汗はそれほど出ない。

今日はモチの稲刈り。

taue20171009

モチはよく育ったと思っていたが、刈ってみると慎ましいくらいだった。雑草はまあまあ抑えられた。スズメノテッポウが枯れかけて硬くなり、手が切れそう。未分解の有機物がまだまだ多く、保水力は素晴らしい。歩けば足跡に水が溜まるが、溝を掘ってもなかなか流れて来ない。よけに溜まった泥をすくえば、ヤゴ、タガメ、ゲンゴロウ、アカハライモリが顔を出す。ごめんなあ!

日本晴もだいぶ熟して来た。あと10日、晴れて暖かい日が続くといいのだが。予報では週末から天気が崩れて寒いらしい。とはいえ、凶作という事はなさそうだ(希望)。この頃は希望という言葉が安くなったもんだ。右翼の希望。

 

夕方前のあれこれとせわしない時間、カトーさんがふらりと現れる。うちの庭先にできたスガレの巣を掘りに来たのだ。スガレというのは地蜂ともいわれるクロスズメバチの事で、近隣の林道入り口には「山菜、茸、スガレの採取を禁ず」というような看板が立っている(立っていたような気がする。そのうち確かめておこう)。美味いらしい。

さてカトーさん、スズメバチの巣を掘りに来たわりには意外なほど軽装、というか普段着で、道具は鎌一丁、煙幕花火3本のみ。手袋ぐれえはしておくか(おっか、と聞こえる)、と笑いながら蜂の巣の方へ悠然なのかヨロヨロなのか判然としない歩き方で近づいていく姿には、「土地の古老」といった風格がある。カトーは性ではなく名で、ローマ帝国の政治家のカトーに由来するらしい。これは大してでかくねえか知れねえな、とつぶやき、煙幕花火を無造作に巣穴に突っ込む。数分後、これまた無造作に鎌で穴の周りをザクザク掘って行く。外から帰って来た働き蜂?たちがブンブン飛び回っているのも一向、気にしない。

sugare20171009b

掘り出した巣は直径20㎝程、6~7層。幼虫が詰まっている。カトーさん、片手に軽く載せて悠然と、またはヨロヨロと引き上げてゆく。抑えた笑顔から満足感がこぼれていた。

スガレはたぶん肉食系だろうから、もしかしたら野菜につく害虫を食べてくれてたかも知れない、と思うと少し申し訳ない気がした。今度見つけてもそっとしておこう。いや、自分で取りたくなるかも、、、。

sugare20171009

生で一匹食べてみたが、甘くて少し脂っぽかった。味付けによっては美味しいかもしれない。

 

遅延型冷害について

晴れ 5/22℃

雨で農休みでやれやれみたいな事を言ってたら仏の慈悲か神罰かその後雨ばっかり日差しがほとんどない恐ろしい夏を過ごした。来る日もくる日も雨。晴れてもほんの一時。稲は育たず雑草ばかり伸び放題ヤギは、ヤギは雨を嫌うそうだがうちのはよく雨に打たれながら草を食っていたなあ。霧雨の阿蘇の牧場で草を食む小さい馬の姿さながら。不快感より空腹が勝ったのだろう、不憫なことだ。

今年も猛暑の筈だった。俺の勘では。で、我が家の田んぼの、西日本の平地で広く作られている品種「日本晴」は、高温障害に苦しむ巷のコシヒカリ田を低く見て、標高900mの五里田に美しく熟す筈だった。俺の妄想では。ほんとに妄想だった。

7月初旬までは順調な生育ぶり。7月5日。

taue20170705a

 

8月10日、手前の糯は徒長気味、奥の粳「日本晴」の成長が鈍い。手前右は昨年使わなかった部分。葉色が濃い。

taue20170809a

 

記憶にある限りでは最も晴れなかった8月。蒸し暑さだけは例年以上で蚊やブヨ、アブなどの空飛ぶ吸血昆虫が大発生。

なかなか出穂しない。「田植え後から出穂期までの期間が低温で生育が遅れ、出穂・開花しても、秋冷にあって完熟することなく、未熟米に終わる―品種の選定を誤り、晩生品種であったり、遅植えしたため、出穂が遅れ登熟不良になるのも、遅延型の冷害現象である。(『米作りへの誘い』より)」 その通りだと思います。

8月20日、糯「朝紫」出穂。

taue20170820b

 

8月28日、「日本晴」、出穂。

taue20170828b

 

粳はここから伸び悩んだ。9月10日。

taue20170910a

 

9月29日。

taue20170929a

taue20170929b

頼むよ「日本晴」!

明日の朝も霜注意報の麻績村にて。